2019年07月21日 20:38

「趣味が合わなくても…」「普段出会えない人と会えたら…」とかほざいてる女は結局は受け身

テメエのマニアックな趣味を並べ立てて、「趣味が合わなくても…」うんたらかんたらとかほざいて自分は了見が広いんですよアピールするアホが男にも女にも多いが、こういう奴に限って了見が狭くて気の利いた相づちすら打つことができないクソ馬鹿が多い。

以前、世代ギャップは簡単な問題じゃないってことを書いたが、趣味が違うっていうのはこれ以上に難しい問題だ。

人って自分の世界観を共有できる奴とじゃないと仲良くはなれない。
逆に趣味とか世界観を共有できるなら、世代ギャップがあっても付き合えるんだよ。
その世界の先輩後輩としての立場と、夫婦としての立場が一致すれば良いわけだから。

男の方が年上でその世界でも先輩なら、後輩としてリードしてもらいたいという女、その逆の立場でもお互いに居心地は良いだろ。
横の繋がりか縦の繋がりかの違いだけで、繋がることさえできれば恋人・夫婦としてもやっていける。

その世界観を共有できないなら、例え同世代でも無理だね。
同世代が気が合いやすいってのは、同じ時代を生きてる分、趣味や話題とか合いやすいってことで、世代が違えばそれらが合いにくいって話だし。

本当に趣味が合わなくても仲良くできる奴ってのは確かにいるが、こういうのは好奇心旺盛ってのが本物で、相手の話に本当に興味を持てる人間だ。

でも、たいていの奴らってフレンドリーや好奇心旺盛を気取ってるだけで、本当は自分が好きなこと以外に興味を持てない人間ばかりなんだよ。

いや?
別にそれが悪いって事じゃないよ?
それが普通なんだよ、普通。


なのに、誰でもウェルカムを気取ってるのが


馬鹿みてぇ


ってだけで(笑)


なんつーか、現代日本人ってこういう奴が多いね。
理想像を掲げた瞬間、自分はもうそういう人間になったつもりでいる奴が(笑)

どんな趣味でも理解できるなんて簡単にできるわけないことを、なぜか自分ならできると思い込める。
日本って平和すぎて自分の限界を感じることが少ない分、自分が特別な人間だと無意識に思っちゃうんだろうなぁ…。

ゲリラに怯える必要もない。
明日食うものに困ることもない。
明日まで生きていられるか心配する必要もない。
最悪、生活保護で他人様が食わせてくれる。
自分の成功だけを考えていられる国、それが日本。

日本人として生まれてこられただけで、宝くじに当たるより運が良いよ。
日本死ねとかほざいてる奴は、お前こそ死ね。

まあだからと言って自惚れる馬鹿がいるのは玉に瑕だが(笑)


そもそも、どんな話題でも興味を持って誰とでも仲良くできるなら


お前はすでに既婚者だよ


自分を聞き上手だとか勘違いしてる馬鹿も多いが、本当に聞き上手なら相手は間違いなく惚れる。
未だ独身なのは、聞いても下手な相づちしか打てないからだってのに何で気づけないかね?

こういう奴と話してもつまんねえんだよ。
メールしてても質問に対する返事を端的にするしかしてこないし、直接会って話しても「へえ」とか「ふーん」とか糞つまんねえ返事か、やたらとオーバーに反応するしかしてこないし。

女は受け身で良いとか考えてる馬鹿が多いから、これでも通じるとか思ってる糞も多い。
興味なくても適当に相づち打ってりゃ、相手は勝手に惚れるとでも思ってやがる。
それが聞き上手だと勘違いしてやがる

趣味を楽しんでる奴って「にわか」を嫌うんだよな。
自分から話を広げられない、要はその話題に興味を持てない奴はもちろん、付け焼き刃の知識しかない初心者だって嫌われることがある。
特に文化的な趣味はその傾向があるんだよ。

深い部分について語り合いたいと思ってるのに、自分はもう何年も前に通過したところの話題しか知らない奴となんて話しててもつまらない。

まだそんなところにいんの?
教えてくださいじゃねえよ。
本当に好きなら、それくらいググるなりしてテメエで調べろよ。
テメエが持ってるスマホは飾りか?

って思う。

よく(金持ちの)男にウケしそうな趣味を並べて「始めたばかりなので教えてください💓」とか書いてるクソ女がいたりするが、本当にその趣味を楽しんでる男からしたら顔をしかめるしかできねえよ。
人に教えるなんてただでさえ面倒臭いのにアホかと。
「にわか」に教えるくらいなら、趣味が合わない奴と付き合った方がマシだよ、と。

そういう女に近づいてくるのは、フォームの矯正という大義名分の下、身体に触りまくれるスポーツの分野くらいだろうな(笑)

勝ち負けのある世界ならまだ良いんだよ。
こういうスケベ心以外にも、どうしても一日の長が利く世界だから自分が常に優位に立てて優越感を楽しむことができるから。
まあ、こういうセコい奴が多いから俺はスポーツやってる奴が嫌いなんだけどな(笑)

知識を増やす趣味の場合、やっぱ対等の人間や違った切り口で語れる人間が好まれる。
スケベ心からとはいえ格下相手にも手を差し伸べる勝ち負けのある趣味に比べれば、初心者お断りのこういった趣味の方は根暗とも言えるがな(笑)

ただ、趣味として考えたときどちらが多いかというと後者の方じゃねえの?
仕事の世界で勝ち負けを経験し、婚活で負け組のままでいるような奴が、趣味でまで勝ち負けのあるものを楽しめることなんてないだろ。

少なくとも「趣味が合わなくても…」とかほざいてる奴の趣味を見ても、勝ち負けとは関係ないものばかりだ。
スポーツとか好きな奴は、はっきり「スポーツを一緒に楽しめる人」って書いてるしな。

誰でもウェルカム気取ってる奴に、一緒にスポーツしませんか?将棋やチェスしませんか?なんて持ちかけても、何だかんだと理由を付けてやらないと思うぞ?
疲れるのも、趣味でも負け組になるのも嫌だから(笑)

趣味が合わない場合、女なんてもう身体しか提供する物がないんだから、ただ何もなくなって切られるだけの男と違って、余計な見栄を張らない方が良い。
素直に趣味が合う人だけ探してりゃ良いんだよ。

マッチングする確率は下がるだろうが、興味の持てない話題に無理矢理合わせたメールの内容を考えるとか無駄な時間使わなくて済むだろうが。
その余った時間で趣味の範囲を広げていった方が、まだ本当の出会いがあるってもんだ。

無理して了見広い人間気取ったところで「普段出会えない人」になんて出会えないから(笑)

いや、出会ってんだよ?
でも、住んでる世界が違うから相手にされないだけで(笑)

っていうか、今はネットがあるんだから「普段出会えない人」っていうか、「普段、自分ごときが関われない人」と絡めるチャンスなんていくらでもある。
そこに線引きして自分から関わろうとしてないから出会いにならないだけで。

それよりも緩いネット婚活でも待ち姿勢ってアホかと。

本当に普段出会えない奴と出会いたいならテメエから「いいね」送れば良いんだよ。
興味持った奴に片っ端から「いいね」送れば良い。

それをテメエからは動かねえで、せっかく来た「いいね」に対してもあれこれ理由を付けて選民主義的に切り捨てていく。

全っ然、了見広くねえ(笑)

テメエ自身、趣味が合わないことがネックになってることを痛感してるくせに、まだ自分はどんな人間とでも仲良くできるとでも思ってやがる。
上手くいかないのは相手に会話力がないとか思ってやがる。

いや、単にお前が浅い人間なだけだから。
深い話しようとしても、お前がキョト~ンとして訳が分からないって面してるから、男の方は何も話せなくなってるだけだから。

もしかしたら自分の趣味以外の世界でイケメンがいるかも?とか考えて、趣味に限定するとチャンスを逃すとか思って間口を広げてるつもりなんだろうけど、馬鹿が偉ぶっても大馬鹿にしか見えないからやめとけ?

これ、何ギャップって言うんだ?
ホビーギャップ?
まあ、どうでも良いけど。

世代ギャップは簡単じゃない。
そして、趣味が合わない関係って言うのは、もっと簡単じゃない。

つーか、例えばゲームが趣味ってイケメンがいたとして、お前はまったくゲームに興味がないとして、え?何?お前後ろでゲーム見てるだけで楽しいの?
ゲームは見てるだけでも楽しいアピールする馬鹿女も多いが、彼氏、ずっとゲームしてるんだぞ?
何が楽しいの?
後ろで、わぁ、すごい!きゃぁ、すごい!って騒いだところで、「うるせぇ!気が散る!」って怒鳴られて終わりだぞ?(笑)


テニスが趣味の男だとして、彼氏がミニスカ履いた若い女と楽しそうにプレーしてるのをベンチに座って指くわえて見てんの?


ねえ、楽しい?


やっぱ趣味の合う合わないは大切だと思う。

自分の趣味に合う人を探すのが一番いい出会いになると思う。

それか、趣味の数を増やすとかな。
そういうのも婚活の一つだろ。

恋愛関係っつったって、しょせん人間関係だ。
人同士として仲良くできない奴と上手くいくわけないし、だから友達とか先輩後輩の交友関係から恋愛感情が生まれるんだと思う。

それは婚活でも同じで、結局はまず友達か先輩後輩の関係になれる人間なのか?でしかないんじゃねえか?

噛み合う分野がまったくない相手となんて上手くいくはずがない。
「趣味が合わなくてもお互いを尊重して」なんてのは綺麗事だし、そもそも理解できないものを尊重なんてできるはずもない。

そうやって夢ばかり見てるから上手くいかねえんだ、ド阿呆。


↓納得したら押してちょうだい
にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村










ラベル:趣味 婚活
posted by ハゲン社員 | 東京 ☀| Comment(1) | 婚活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはは。うける
Posted by at 2019年08月19日 02:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください